銀座で婚約指輪や結婚式のドレスを検討するなら考えるべきポイント

ハートの風船

結婚の決め手は気持ち

プロポーズには婚約指輪を

男性が女性にプロポーズをする時、婚約指輪を添えてというのが定番になっていますが、これについてはさまざまな意見があるのです。そもそもプロポーズに婚約指輪を添えるというのは、昔にジュエリーショップが販促のキャンペーンとして打ち出したもので、結婚指輪と違って意味や伝統があるわけではないのです。あくまで商品を売るためのキャンペーンであり、給料三ヶ月分というのも、当時の経済状態はすこぶる上向きだったために、余裕があって受け入れられたというのが真相なのです。それゆえ不況の影響が長く続いている現代、無理してまで婚約指輪を求める必要はないのですが、それでも彼女の喜ぶ顔が見たい、そんな気持ちでプレゼントする人は多いのです。

気持ちを込めることが大切です

必要か否かはともかく、本人が納得しているのなら誰が文句を言うことでもなく、好きなようにすればいいのです。ただし婚約指輪に限らず指輪というのは、アクセサリーの中でも特殊なものになっていて、最低限でも知っておかなければいけないことがあるのです。最大のものは指のサイズで、せっかく渡しても緩かったのならともかく、きつくて入らないというのは女性側もショックなので、これは事前に調べておく必要があるのです。さらにはデザインや宝石の好みも知っておくのがよく、ジュエリー類に疎い場合はなかなか大変な作業であるのです。そしてもっとも大切なのはプレゼントではなく言葉であり、プロポーズを成功させるためには言葉を考えるのが一番大切なのです。